第2弾BEER 「ひなたぼっく」

2012年04月28日にお披露目したGAMBRINUS(東京)・Qbrick(大阪)・GOLDEN GARDEN&RAKU BEER(広島)コラボレーションビール「なかよしびぃる」の第2弾。上記4店舗の他、「延岡三蔵・県産酒BAR HIMUKA」、「麦酒蔵HIDEJI」で楽しんでいただいた。

『ひなたぼっくというネーミング

なかよしびぃる第2弾は、
春の訪れと共にぽかぽかと暖かくなり、気の合う仲間たちと
ボックスタイルのビールをゆっくり楽しんで頂きたい思いと、
今回醸造をお願いし、お世話になった
日向の国(ひゅうがのくに)、宮崎県延岡市にある
「宮崎ひでじビール」の皆様に敬意を表し
「ひゅうが=日向=ひなた」とし、「ひなたぼっく」と名付けた。

宮崎ひでじビール

Details
フルーツボック / Alc. 6.0% / IBU 30

↑ 宮崎県延岡市天孫降臨伝説の高千穂にほど近い、行縢(むかばき)山のふもとにある「宮崎ひでじビール」

『ひなたぼっくとは?

『なかよしびぃる ひなたぼっく』は、
優しい麦の甘さと適度なホップの苦味がバランス良く、
そして、爽やかにほのかに香るオレンジフレーバーで
6%のアルコールを感じさせず飲みやすい、
包みこんでくれるかのようなやさしい春の日差しを思わせる、
ほっとするビールにできあがった。

それはまるで、
小さいころに食べた
「甘さ控えめのママレードジャムを塗った焼きたてのパン」のような感じ。

初めてなのに、さも旧友のような感覚で気の合う人のように
初めの一口目から身体に馴染んでいくかのよう。



この優しい味わいを生み出してくれたのは、
「宮崎ひでじビール」で自家培養された
ラガー酵母・ウルケル酵母・宮崎焼酎酵母という3種の酵母。
これらの酵母を『なかよし』な配分(7:4:4=『なかよし』)で
使用したことにある。

 

初めは牽制し合っていたのか、なかなかうまくかみ合わず、
思うように発酵が進まなかったが、
時間が経ちお互いが分かると『なかよし』は一気に加速。
絶妙な呼吸で素晴らしいビールを醸し出した。





春の陽気にふさわしい、日向(ひなた)に出て飲んでほしい柔らかなボック。



宮崎の地では『むささび』も『いのしし』も『もぐら』もみんな日向ぼっこ。
いや、彼らだけではない。

『チョウザメ』も『パンダ』も『はにわ』でさえも、みんな仲よく日向ぼっこ。
太陽の温かさには、相容れない者同士でも『なかよし』にしてしまう、
きっとそんな魔法があるのだろう。



忙しいあなたは是非『ひなたぼっく』を飲んでみてください。


きっと穏やかな優しい気持ちになり、

憎っくき上司とも『なかよし』になれるかも!?

もうすでに『なかよし』な人と飲むもよし、
これから『なかよし』になりたい人と飲むもよし。



まずはひとくち。


そのおおらかでやさしい味わいに、 まずは「ふぅ~」と一息つくはず。
そして2杯、3杯と飲みすすむうちに、
寒さに凝り固まった身も心もやんわりほぐれることでしょう。



また、このビールには延岡名物「チキン南蛮」を

ぜひ一緒に召し上がっていただきたい。


本場で食べた味をインスパイアしつくる
三店それぞれの「オリジナルチキン南蛮」。

ペアリングによって生まれる新たな味わいを楽しんでほしい。



このビールを通じて、みなさんの『なかよし』がさらに強まり、
世の中により多くの『なかよし』を生み出しますように…。



そして、『ひなたぼっく』はあなたにとって、
冬の重いコートを脱ぎすてさせる童話にでてくる太陽のような

やさしいビールでありますように。

私たちもみなさんと仲よく酔いたいと願っている。

→その他の写真はこちら

The brewery is here!

宮崎ひでじビール

宮崎ひでじビール

747-58 Mukabaki-cho Nobeoka-shi MIYAZAKI

宮崎県延岡市行縢町747-58 →MAP

TEL.0982-39-0090

http://www.hideji-beer.jp



「本日、ビール日和。」サイト 宮崎ひでじビール紹介ページ

MIYAZAKI

宮崎ひでじビール
宮崎ひでじビール
麦酒蔵(ビアグラ)Hideji

2F Haniwa Kaikan 1-4-10 Naka-machi Nobeoka-shi

MIYAZAKI

宮崎県延岡市中町1-4-10 はにわ会館2F →MAP 

TEL.0982-35-2222  

http://bit.ly/14IzrEo

★直営店『麦酒蔵(ビアグラ)Hideji